地域に自生する「よもぎ」を使ったお茶製造販売事業者の支援開始

「神石高原チャレンジ基金」から第7回の事業支援決定

「一般財団法人 神石高原地域創造チャレンジ基金」(略称:神石高原チャレンジ基金、上山実代表理事)は、第7回の事業支援として、神石高原町でのビジネスチャレンジ事業者(以下。「事業者」と称す)である株式会社アールティー(代表取締役:赤木 剛志)に対して400万円の支援開始を決定いたしました。今後は、支援決定した当該事業者に対して、資金的支援と伴走的支援を組み合わせたタイプの支援で二人三脚の運営を進めてまいります。またこれまでに、累計で23案件4億5,000万円の応募がありました。今後も継続して、支援検討を進めてまいります。また今年度上半期の事業募集は7月から開始予定です。

【第7回事業募集の経過】
2020年12月1日より募集を開始。神石高原町で事業を検討している事業者に対して、3回の募集説明会を実施(12/15-16、1/13)。また数度の個別相談を経て、2020年1月31日に募集を締切。1事業者から総額1,000万円の応募があった。その後、書類審査を中心とした第1次審査を経て、2月25日に事業評価選定委員会を開催して、第2次審査として事業者を選考、同日の理事会で選考として審議し、方針決定の上、その後詳細を決定し実行確定の運びとなった。

【決定した支援先】
代表の赤木剛志さんは、旧豊松村出身の方で、健康サプリメント等の販売や人材育成・斡旋業務を個人事業主として行われてこられました。この度よもぎ茶の製造販売をするにあたり株式会社アールティーを設立。町内のよもぎを買い取り、町内の空き倉庫を加工場として活用し、地元の人の手で加工されるということから地域での経済循環および新規雇用の創出が期待されています。

井上義雄理事のコメント「広島県神石高原町で生育した安心安全な「よもぎ」を神石高原町内で採集・加工まで一貫して行い、健康志向から人気の「よもぎ茶」として、地産地消モデルから新しい町の特産品を目指すビジネス支援に協力できることは大変意義がある。地域の人々にとってもこの地域での新しい働き場所として、雇用を創造できる拠点として、協力をお願いしたい」

詳しくは、神石高原チャレンジ基金のHPをご覧ください。
http://jinseki-kikin.jp/2020/4/10/news-34/

2019年度 年次報告書

皆様からのご理解、ご協力のおかげで事業を行うことができたチャレンジ基金の2019年度の年次報告書をまとめました。支援先の皆様からのメッセージもございます。ぜひ、ご覧ください。

2019年度年次報告書

豪雨、新型コロナウイルス感染症による事業へのダメージ。それでも事業支援は継続実行。

神石高原地域創造チャレンジ基金(通称 チャレンジ基金)は、神石高原町地域における産業の振興をはかり、地域のにぎわいを創出することにより、当該地域の事業体の運営を支援し、当該地域が継続的なコミュニティーとして発展拡大することに寄与することを目的に、事業資金支援、事業運営支援、その実績を発信することにより、地域のにぎわいの創出にも貢献する活動を行なっています。

現在、支援先は7事業。合計5,240万円事業資金支援を行なっており、自然豊かな神石高原町ならではの神石牛関連牛舎の拡大や地元・油木高校の動画コンテンツ作成クラブの支援継続のための動画制作事業、古民家ゲストハウス事業など多岐にわたります。

本年次報告書で、支援先事業についてご報告をさせていただきますが、豪雨災害、コロナウィルス感染拡大の影響を受ける中で、それぞれの事業主の皆様は不安を抱えながら事業運営されておられました。それでも、なんとか事業を継続させようと工夫とアイデア、知恵を絞られておられる様子に大変感銘を受けました。社会全体が、大変な状況にありますがチャレンジ基金ならびに支援先事業が継続できているのは、日頃からチャレンジ基金に深いご理解とご協力を賜っておりますおかげです。深く感謝申しげます。

私たちは、今後も継続して支援先事業者のみなさんとともに、活動を続けてまいります。また、事業遂行の苦労を乗り越えた経験とノウハウは、広く地域創生を目指す全国の仲間たちにも情報を共有し、地域創生のプラットフォームとなるべく尽力してまいります。

引き続き、ご指導ご鞭撻のほどどうかよろしくお願いいたします。

一般財団法人 神石高原地域創造チャレンジ基金
(通称 チャレンジ基金)
代表理事 上山実

ユーチューブでの情報発信のトップランナーを支援!! 次世代育成にも寄与する動画制作および映像教育コンテンツ提供事業者を支援開始

「一般財団法人 神石高原地域創造チャレンジ基金」(略称:神石高原チャレンジ基金、上山実代表理事)は、第5回の事業支援として、神石高原町でのビジネスチャレンジ事業者(以下。「事業者」と称す)である株式会社ダストマンズ(代表取締役:村上勇太)に対して500万円の支援開始を決定いたしました。今後は、支援決定した当該事業者に対して、資金的支援と伴走的支援を組み合わせたタイプの支援で二人三脚の運営を進めてまいります。

またこれまでに5回の事業募集を行い、累計では22案件4億4,000万円の応募がありました。今後も継続して、支援検討を進めてまいります。また今年度上半期の事業募集は7月から開始します。

【第5回事業募集の経過】
2019年12月1日より募集を開始。神石高原町で事業を検討している事業者に対して、3回の募集説明会を実施(12/12-13、1/8)。また数度の個別相談を経て、2020年1月31日に募集を締切。5事業者から総額7,400万円の応募があった。その後、書類審査を中心とした第1次審査を経て、2月18日に事業評価選定委員会を開催して、第2次審査として事業者を選考、同日の理事会で選考として審議し、方針決定の上、その後詳細を決定し実行確定の運びとなった。
【決定した支援先】
株式会社ダストマンズは、動画制作および映像教育コンテンツ提供事業を運営し、当該業界ではトップランナーとしての地位を確立し、全国にユーチューブ等を通じて事業提供・発信をしています。また現在も油木高校にて動画制作クラブの運営にかかわっており、支援期間において作成したコンテンツは油木高校生には優先的な条件で利用できるようにしていただき、同クラブの運営も引き続き支援、インターン等の受け入れも検討いただきます。

井上義雄理事のコメント「広島県神石高原町からユーチューブ等で全世界に情報発信しているビジネスチャレンジ事業者を支援することになりました。コロナ対応で今まで以上に「おうちにいよう」コンテンツの重要度が増している時節でもあり、また次世代の担い手である広島県立油木高校の学生たちへの支援にもつながるなど、何十重もの意義を秘めています。地域への高度なノウハウ移転と新しい働き方の創出に寄与したいと考えているので、当該ビジネスの継続支援に協力できることは大変意義があり、今後の町の新しい働き方推進の基軸としての活躍を期待して支援していきたい。」

[News]ドローンスクール運営で起業する事業者を第5回支援として開始

「一般財団法人 神石高原地域創造チャレンジ基金」(略称:神石高原チャレンジ基金、上山実代表理事)は、第5回の事業支援として、神石高原町でのビジネスチャレンジ事業者(以下。「事業者」と称す)である株式会社ドローンシナリ―(代表:宮池研吉、4月設立予定)に対して240万円の支援開始を決定いたしました。今後は、支援決定した当該事業者に対して、資金的支援と伴走的支援を組み合わせたタイプの支援で二人三脚の運営を進めてまいります。またこれまでに5回の事業募集を行い、累計では22案件4億4,000万円の応募がありました。今後も継続して、支援検討を進めてまいります。また今年度上半期の事業募集は7月から開始します。

【第5回事業募集の経過】
2019年12月1日より募集を開始。神石高原町で事業を検討している事業者に対して、3回の募集説明会を実施(12/12-13、1/8)。また数度の個別相談を経て、2020年1月31日に募集を締切。5事業者から総額7,400万円の応募があった。その後、書類審査を中心とした第1次審査を経て、2月18日に事業評価選定委員会を開催して、第2次審査として事業者を選考、同日の理事会で選考として審議し、方針決定の上、その後詳細を決定し実行確定の運びとなった。
【決定した支援先】
株式会社ドローンシナリ―は、地域として唯一となるドローンスクールおよび関連事業を運営する会社として設立し、運営を開始予定。今後の町としての支援するドローン関連事業を運営する嚆矢また中心となりコーディネイトしていくことを想定。まずはスクールを独立して事業運営するための資金としての支援を実施想定。240万円の支援実行予定。

井上義雄理事のコメント「広島県神石高原町はドローン技術を活用した『いつまでも安心して暮らせるまちづくり』を進め、ドローンコンソーシアムの設立などドローン技術の開発や活用拠点としたい企業・団体が参画し、地域へのノウハウ移転と生業の創出に寄与したいと考えているので、新たな地場企業のビジネス創出支援に協力できることは大変意義がある。今後の町の事業推進の基軸としての活躍を期待して支援していきたい。」

[ニュースリリース]地域の水資源インフラを支える事業者を支援開始

「神石高原チャレンジ基金」から第4回の事業支援決定

「一般財団法人 神石高原地域創造チャレンジ基金」(略称:神石高原チャレンジ基金、上山実代表理事)は、第4回の事業支援として、神石高原町でのビジネスチャレンジ事業者(以下。「事業者」と称す)である株式会社ヤマテツRisingに対して1000万円の支援開始いたしました。また、追加支援として、株式会社ヴィレッジホーム光末に1000万円の支援を実行いたしました。今後は、支援決定した事業者に対して、資金的支援と伴走的支援を組み合わせた新しいタイプの支援で二人三脚の運営を進めてまいります。またこれまでに4回の事業募集を行い、累計では15案件3億3300万円の応募がありましたので、今後も順次、支援検討を進めてまいります。また今年度下半期の事業募集は12月からを予定している。

【第4回事業募集の経過】

2019年7月1日より募集を開始。神石高原町で事業を検討している事業者に対して、3回の募集説明会を実施(7/17-18、8/7)。また数度の個別相談を経て、8月31日に募集を締切。2事業者から総額4000万円の応募があった。その後、書類審査を中心とした第1次審査を経て、9月26日に事業評価選定委員会を開催して、第2次審査として事業者を選考、同日の理事会で最終選考として審議により決定の運びとなった。

【決定した支援先】

㈱ヤマテツRising(水道およびボーリング工事事業)​

地域のインフラを支える、水道、ボーリング工事事業者として独立して​事業運営するための資金としての支援を実施。​1000万円の支援実行。

【決定した追加支援先】

㈱ヴィレッジホーム光末(農業および神石牛の肥育関連事業)​

第1回(2017年)に1000万円の支援実行したところに対して、今回追加で1000万円を支援実行。​新牛舎も完成し、牛の導入も順調に増加しており、事業運営は順調に推移している。

井上義雄理事のコメント「標高600メートルの神石高原町での水資源として大切なインフラを担う、社会性を帯びた事業に取り組むビジネスチャレンジ事業者をご支援させていただくことになった。また、神石高原町のブランド牛の追加支援で、全国に知名度を上げて行きたい。今後も神石高原町を拠点として世界に挑戦するビジネスチャレンジをチャレンジ基金と二人三脚で進め、この地域に経済的な循環をもたらせていきたい。」

<神石高原チャレンジ基金とは>

神石高原町地域における産業の振興をはかり、地域のにぎわいを創出することにより、当該地域の事業体の運営を支援し、当該地域が継続的なコミュニティーとして発展拡大に寄与することを目的に2017年設立。神石高原地域で新しいビジネスチャレンジを行う事業者に対して、資金的な資源提供を行うと同時に、伴走型支援と呼ぶ経営指導を一緒に実施していくことで、事業者の経営を安定化させると共に、自律的な運営を促すことで、新規事業者の参入を容易にしていくことを目指しています。少子高齢化と人口減少が進行した神石高原町であるからこそ、次代を担う人材の新しいチャレンジを応援することで新しい事業創造を図り、地域の活性化、にぎわい創出に繋げていく活動を進めてまいります。

[News]第3回支援開始~酒蔵を復活させ、新たなお酒(浄酎)づくりに取り組む!!

「一般財団法人 神石高原地域創造チャレンジ基金」(略称:神石高原チャレンジ基金、上山実代表理事)は、第3回の事業支援として、神石高原町でのビジネスチャレンジ事業者(以下。「事業者」と称す)であるナオライ神石高原株式会社に対して300万円の支援開始いたしました。今後は、支援決定した事業者に対して、資金的支援と伴走的支援を組み合わせた新しいタイプの支援で二人三脚の運営を進めてまいります。またこれまでに4回の事業募集を行い、累計では15案件3億3300万円の応募がありましたので、今後も順次、支援検討を進めてまいります。

【第3回事業募集の経過】
2018年12月4日より募集を開始。神石高原町で事業を検討している事業者に対して、3回の募集説明会を実施(12/12-13、1/9)。また数度の個別相談を経て、1月31日に募集を締切。3事業者から総額8600万円の応募があった。その後、書類審査を中心とした第1次審査を経て、2月19日に事業評価選定委員会を開催して、第2次審査として事業者を選考、同日の理事会で最終選考として審議により決定の運びとなった。
【決定した支援先】

  1. ナオライ神石高原株式会社(酒類製造業)
    神石高原町の廃業された酒造の蔵を利用した新しいリキュール類=浄酎(JYOCHU)=日本酒を蒸留した新製品)事業のための費用を支援します。製造、販売など一貫して手掛けられる予定です。

井上義雄理事のコメント「神石高原町の街並みの中で時折見かけるお酒の看板がすでに廃業されていたと知り、寂しく思っていたが、そこを活用していままでにないタイプの酒類を創り出していこうという意欲に溢れたビジネスチャレンジ事業者をご支援させていただくことになった。選考後の事業計画へのサポートに時間を要し、支援開始まで日数が開いてしまったが、神石高原町を拠点として世界に挑戦するビジネスチャレンジをチャレンジ基金と二人三脚で進め、この地域に経済的な循環をもたらせていきたい。」

[プレスリリース]本年度の事業募集を開始いたします

神石高原チャレンジ基金チラシ190701

PR190701チャレンジ基金募集要項記者発表(告知)

「一般財団法人 神石高原地域創造チャレンジ基金」(略称:神石高原チャレンジ基金、上山実代表理事)は、今年度も神石高原町でのビジネスチャレンジ事業者に対して事業募集を開始いたします。今回は前期分として今年度後期の募集も行う予定です。選考を行ったうえで、資金的支援と伴走的支援を組み合わせた新しいタイプの支援を開始いたします。チャレンジ基金には、これまで3回の事業募集で2億円以上のお申込をいただいております。

【支援案件の想定】
チャレンジ基金の支援先は、神石高原町にて事業展開を行い、神石高原地域の活性化に貢献する「住民主役事業」として、創業もしくは新規事業立ち上げをされる事業者を想定しております。
1)地域の産業資源を活用したビジネスに関する事業(あらゆる産業で地域内の資源を活用して事業を創出していくもの)
2)地域、コミュニティのにぎわいづくりに関する事業(新しい地域・コミュニティのにぎわいづくりに寄与するもの)

【資金支援の対象】
法人もしくは、個人で当該事業を運営されることを検討されている事業者

【ご申請金額上限】
3,000万円(1件当たり)

【募集説明会】
第1回2019年7月17日(水)16:00- 三和協働支援センター2階視聴覚研修室
第2回2019年7月18日(木)10:00- 三和協働支援センター1階会議室
・募集内容の説明と個別相談を行います。事前申し込み不要、直接会場にお越しください。
第3回2019年8月7日 (水)16:00- 神石高原町役場2階第2委員会室
・事業計画書セミナー:事業計画の作成方法について、事前申し込み不要、直接会場にお越しください。
※なお、応募にあたり、募集説明会への参加は必須ではありません。

事業の応募される方は、以下からご応募ください

応募フォーム
https://pro.form-mailer.jp/lp/c87e41c3134669

募集期間:    2019年7月1日~8月31日
第1次審査時期: 2019年9月1日~中旬(必要に応じて面談等の審査も実施)
事業選定:    2019年9月下旬
支援実施期間:  2019年10月頃より随時

[プレスリリース]「中ちゃん農園」クラウドファンディングで目標額達成!

PR181220中ちゃん農園支援達成記者発表(告知)

神石高原チャレンジ基金でのビジネスチャレンジ事業者が全国から支援を受ける

7月豪雨で農作物が壊滅。めげずにコメ作りで農業を再生したい~

「一般財団法人 神石高原地域創造チャレンジ基金」(略称:神石高原チャレンジ基金、上山実代表理事)が、第1回の事業支援を行った、神石高原町でのビジネスチャレンジ事業者(以下。「事業者」と称す)である中ちゃん農園はガバメントクラウドファンディングで目標額の100万円を達成いたしました。平成30年7月西日本豪雨で、畑が壊滅的被害を受けた中、気持ちを切り替えて新たにコメ作りにチャレンジしたことに対して「ふるさと起業家支援プロジェクト」のしくみを広島県で初めて活用して、全国から広く支援を呼びかけたものです。神石高原チャレンジ基金では、支援決定した事業者に対して、資金的支援と伴走的支援を組み合わせた新しいタイプの支援を行っておりますが、これらもその一環です。

【ガバメントクラウドファンディングへの挑戦の経過】

事業者代表の細川さんは、「しょうが」を新たな神石高原の特産物にしようと取り組み、これまでの2年間で数々の試行錯誤を重ねて、いよいよ3年目の今年、本格的な成育を図るために神石高原町和宗(わそう)地区で400平方メートルのしょうが畑を3月末から整備し、植え付けするなど着実に生育させてきました。しかしながら、7月5日午後からの大雨で畑そばの川が氾濫、土砂崩れも発生するなどの被害が出ました。ようやく4日後になって、道路を切り拓いてしょうが畑に辿り着くと、全滅していました。

しかしうつむいてばかりいられないと細川さんは次のチャレンジを決意。「しょうが畑」近くの休耕田約7反(7000平方メートル)を田んぼに復活させることです。初年度は下準備を進め、次年度から田植えを開始する予定です。細川さんの状況を伺った神石高原チャレンジ基金では、ガバメントクラウドファンディングを活用した「ふるさと起業家支援プロジェクト」の活用を提案、二人三脚でプロジェクト公開をサポートしました。

https://www.furusato-tax.jp/gcf/443

細川さんのコメント「中ちゃん農園の農業再生プロジェクトに多大なるご支援を賜り、心より御礼申し上げます。お預かりいたしました貴重な寄付は、来年度作付けする圃場の「イノシシ対策用電気柵」、「畦ぬり機」、「肥料」、「作付け用コシヒカリ苗」、又「原木椎茸栽培用種菌」等の農業の先行投資に活用させて頂く所存でございます。皆様のご支援、重ねて感謝申し上げます。」

[プレスリリース]神石高原チャレンジ基金」第2回の支援決定

PR181217-3チャレンジ基金支援決定記者発表(告知)

「一般財団法人 神石高原地域創造チャレンジ基金」(略称:神石高原チャレンジ基金、上山実代表理事)は、第2回の事業支援として、神石高原町でのビジネスチャレンジ事業者(以下。「事業者」と称す)である株式会社フェアトラベルジャパンに対して1000万円の支援を開始することを決定いたしました。今後は、支援決定した事業者に対して、資金的支援と伴走的支援を組み合わせた新しいタイプの支援を開始いたします。 

【第2回事業募集の経過】

201872日より募集を開始。神石高原町で事業を検討している事業者に対して、4回の募集説明会を実施(7/17-188/8-9)。また数度の個別相談を経て、831日に募集を締切。3事業者から総額8500万円の応募があった(累計では応募ベースで11事業者23500万円)。その後、書類審査を中心とした第1次審査を経て、927日に事業評価選定委員会を開催して、第2次審査として事業者を選考、同日の理事会で最終選考として審議により決定の運びとなった。

【決定した支援先】

1.   株式会社フェアトラベルジャパン(ゲストハウス運営事業)

ゲストハウス運営とソーシャルイノベーションに関するプログラムの提供を実施。

海外と神石高原町の橋渡しをすることで、すでにインバウンド観光の引き込みに成功している。町内に滞在型の観光施設が少ないため、長期滞在も可能な拠点としてゲストハウスを神石高原町内に設置していきます。具体的には、既存民家をリノベーションしてゲストハウスを運営する予定です。

井上義雄理事のコメント「地域特性や地域資源を活用して神石高原町を盛り上げていこうという意欲に溢れたビジネスチャレンジ事業者にご応募いただいた。選考には時間を要したが、最終的には第2回の支援にふさわしい案件を支援させていただくことになった。開始前には応募がないのではないかと思われていた神石高原町で新しいビジネスチャレンジがこうして続々と生まれてくること自体に意義があることだと思っている。今後は、ビジネスチャレンジ事業者とチャレンジ基金の二人三脚で事業の創出とともに、経営の安定を図っていくことで、この地域に経済的な循環をもたらせていきたい。」

 

 

[ニュースリリース]今年度の募集を開始しました

PR180702-2チャレンジ基金募集要項記者発表(告知)

「一般財団法人 神石高原地域創造チャレンジ基金」(略称:神石高原チャレンジ基金、上山実代表理事)は、平成30年度も神石高原町でのビジネスチャレンジ事業者に対して事業募集を開始いたします。選考を行ったうえで、資金的支援と伴走的支援を組み合わせた新しいタイプの支援を開始いたします。

【支援案件の想定】
チャレンジ基金の支援先は、神石高原町にて事業展開を行い、神石高原地域の活性化に貢献する、「住民主役事業」として、創業もしくは新規事業立ち上げをされる事業者を想定しており、具体的な事業領域は、以下の通りに想定しております。
1)地域の産業資源を活用したビジネスに関する事業
・あらゆる産業で地域内の資源を活用して事業を創出していくもの
2)地域、コミュニティーのにぎわいづくりに関する事業
・新しい地域・コミュニティーのにぎわいづくりに寄与するもの

【資金支援の対象】
法人もしくは、個人で当該事業を運営されることを検討されている事業者

【ご申請金額上限】
3,000万円(1件当たり)

【募集説明会】
第1回2018年7月17日(火)16:00~ 神石高原町役場 2階第2委員会室
第2回2018年7月18日(水)11:00~ 三和協働支援センター(役場隣) 1階会議室
第3回2018年8月 8日(水)16:00~ 神石高原町役場 2階第2委員会室
第4回2018年8月 9日(木)11:00~ 神石高原町役場 2階第2委員会室
・募集内容の説明と個別相談を行います。事前申し込み不要、直接会場にお越しください。
※なお、応募にあたり、募集説明会への参加は必須ではありません。

詳しくは、神石高原チャレンジ基金のHPをご覧ください。

神石高原地域創造チャレンジ基金・第2回募集を開始

応募フォーム
https://pro.form-mailer.jp/lp/c87e41c3134669