【ニュースリリース】神石高原チャレンジ基金2017年度募集開始

PR171130チャレンジ基金募集要項記者発表(告知)

新しいタイプの地域に貢献する基金がビジネスチャレンジ事業者を募集開始
「神石高原チャレンジ基金」2017年度事業募集のご案内
~神石高原町地域で、ビジネスチャレンジする事業者を支援~

「一般財団法人 神石高原地域創造チャレンジ基金」(略称:神石高原チャレンジ基金、上山実代表理事)は、この度、2017年度の事業募集を開始しました。募集に応募した神石高原町でのビジネスチャレンジ事業者(以下。「事業者」と称す)に対して、選考を行ったうえで、資金的支援と伴走的支援を組み合わせた新しいタイプの支援を開始いたします。

【支援案件の想定】
チャレンジ基金の支援先は、神石高原町にて事業展開を行い、神石高原地域の活性化に貢献する、「住民主役事業」として、創業もしくは新規事業立ち上げをされる事業者を想定しており、具体的な事業領域は、以下の通りに想定しております。
1)地域の産業資源を活用したビジネスに関する事業
・あらゆる産業で地域内の資源を活用して事業を創出していくもの
2)地域、コミュニティーのにぎわいづくりに関する事業
・新しい地域・コミュニティーのにぎわいづくりに寄与するもの

【資金支援の対象】
法人もしくは、個人で当該事業を運営されることを検討されている事業者

【ご申請金額上限】
3,000万円(1件当たり)

【募集説明会】

120171212()14:00-

220171212()16:00-

320171213()10:00-

・会場は、いずれも神石高原町役場 2F3委員会室

・募集内容の説明と個別相談を行います。

※事前申し込み不要、直接会場にお越しください。

※なお、応募にあたり、募集説明会への参加は必須ではありません。

 

詳しくは、神石高原チャレンジ基金のHPをご覧ください。
http://jinseki-kikin.jp/2017/11/28/132/

<神石高原チャレンジ基金とは>

神石高原町地域における産業の振興をはかり、地域のにぎわいを創出することにより、当該地域の事業体の運営を支援し、当該地域が継続的なコミュニティーとして発展拡大に寄与することを目的に2017年設立。神石高原地域で新しいビジネスチャレンジを行う事業者に対して、資金的な資源提供を行うと同時に、伴走型支援と呼ぶ経営指導を一緒に実施していくことで、事業者の経営を安定化させると共に、自律的な運営を促すことで、新規事業者の参入を容易にしていくことを目指しています。少子高齢化と人口減少が進行した神石高原町であるからこそ、次代を担う人材の新しいチャレンジを応援することで新しい事業創造を図り、地域の活性化、にぎわい創出に繋げていく活動を進めてまいります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です