【ニュースリリース】神石高原での事業者4社に、総額3200万円の資金支援を決定

「一般財団法人 神石高原地域創造チャレンジ基金」(略称:神石高原チャレンジ基金、上山実代表理事)では、2017年度の事業支援として、神石高原町でのビジネスチャレンジ事業者(以下。「事業者」と称す)4社に対して総額3200万円の支援を開始することを決定いたしました。今後は、支援決定した事業者に対して、資金的支援と伴走的支援を組み合わせた新しいタイプの支援を開始いたします。

【事業募集の経過】
2017年11月25日より募集を開始。神石高原町で事業を検討している事業者に対して、3回の募集説明会を実施(12/12-13)。また数度の個別相談を経て、2018年1月25日に募集を締切。8事業者から総額1億5000万円に及ぶ応募があった。その後、書類審査を中心とした第1次審査を経て、2月21日に事業評価選定委員会を開催して、第2次審査として事業者を選考、同日の理事会で最終選考として審議により決定の運びとなった。
【決定した支援先】
1.中ちゃん農園(農産品加工) 2.ヴィレッジホーム光末(神石牛の繁殖) 3.サンリソース(水力発電)
4.入江ミート(神石牛の冷蔵加工施設)

井上義雄理事のコメント「ご応募いただいたビジネスチャレンジ事業者は、神石高原町において、新しいビジネスチャレンジを巻き起こしたいという意欲に溢れる事業者ばかりであり、選考には時間を要したが、最終的には第1回の支援にあたって、神石高原の地域特性や資源を活用した案件を支援させていただくことになった。今後は、ビジネスチャレンジ事業者とチャレンジ基金の二人三脚で事業の創出とともに、経営の安定を図っていくことで、この地域に経済的な循環をもたらせていきたいと思っている。」

【神石高原地域創造チャレンジ基金の事業募集内容】
チャレンジ基金の支援先は、神石高原町にて事業展開を行い、神石高原地域の活性化に貢献する、「住民主役事業」として、神石高原の地域資源を活用したビジネスを創業もしくは新規事業立ち上げをされる事業者(法人もしくは、個人で事業運営を検討する事業者)に対して事業支援を行う。(上限額1件当たり3000万円)
1)地域の産業資源を活用したビジネスに関する事業
・あらゆる産業で地域内の資源を活用して事業を創出していくもの
2)地域、コミュニティーのにぎわいづくりに関する事業
・新しい地域・コミュニティーのにぎわいづくりに寄与するもの

<神石高原チャレンジ基金とは>
神石高原町地域における産業の振興をはかり、地域のにぎわいを創出することにより、当該地域の事業体の運営を支援し、当該地域が継続的なコミュニティーとして発展拡大に寄与することを目的に2017年設立。神石高原地域で新しいビジネスチャレンジを行う事業者に対して、資金的な資源提供を行うと同時に、伴走型支援と呼ぶ経営指導を一緒に実施していくことで、事業者の経営を安定化させると共に、自律的な運営を促すことで、新規事業者の参入を容易にしていくことを目指しています。少子高齢化と人口減少が進行した神石高原町であるからこそ、次代を担う人材の新しいチャレンジを応援することで新しい事業創造を図り、地域の活性化、にぎわい創出に繋げていく活動を進めてまいります。

PR180301チャレンジ基金支援決定発表(告知)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です