[プレスリリース]神石高原チャレンジ基金」第2回の支援決定

PR181217-3チャレンジ基金支援決定記者発表(告知)

「一般財団法人 神石高原地域創造チャレンジ基金」(略称:神石高原チャレンジ基金、上山実代表理事)は、第2回の事業支援として、神石高原町でのビジネスチャレンジ事業者(以下。「事業者」と称す)である株式会社フェアトラベルジャパンに対して1000万円の支援を開始することを決定いたしました。今後は、支援決定した事業者に対して、資金的支援と伴走的支援を組み合わせた新しいタイプの支援を開始いたします。 

【第2回事業募集の経過】

201872日より募集を開始。神石高原町で事業を検討している事業者に対して、4回の募集説明会を実施(7/17-188/8-9)。また数度の個別相談を経て、831日に募集を締切。3事業者から総額8500万円の応募があった(累計では応募ベースで11事業者23500万円)。その後、書類審査を中心とした第1次審査を経て、927日に事業評価選定委員会を開催して、第2次審査として事業者を選考、同日の理事会で最終選考として審議により決定の運びとなった。

【決定した支援先】

1.   株式会社フェアトラベルジャパン(ゲストハウス運営事業)

ゲストハウス運営とソーシャルイノベーションに関するプログラムの提供を実施。

海外と神石高原町の橋渡しをすることで、すでにインバウンド観光の引き込みに成功している。町内に滞在型の観光施設が少ないため、長期滞在も可能な拠点としてゲストハウスを神石高原町内に設置していきます。具体的には、既存民家をリノベーションしてゲストハウスを運営する予定です。

井上義雄理事のコメント「地域特性や地域資源を活用して神石高原町を盛り上げていこうという意欲に溢れたビジネスチャレンジ事業者にご応募いただいた。選考には時間を要したが、最終的には第2回の支援にふさわしい案件を支援させていただくことになった。開始前には応募がないのではないかと思われていた神石高原町で新しいビジネスチャレンジがこうして続々と生まれてくること自体に意義があることだと思っている。今後は、ビジネスチャレンジ事業者とチャレンジ基金の二人三脚で事業の創出とともに、経営の安定を図っていくことで、この地域に経済的な循環をもたらせていきたい。」

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です