【ニュース】事業評価選定委員会を開催いたしました

 

 

 

 

 

 

神石高原チャレンジ基金では、平成29年度の事業募集にご応募いただいた案件の選定のために「事業評価選定委員会」を開催いたしました。ここでの審査選定を受けて、財団理事会で最終決定してまいります。また、決定いたしましたら、発表させていただきます。

[ニュースリリース]事業募集に総額1億3300万円の応募がありました!

「一般財団法人 神石高原地域創造チャレンジ基金」(略称:神石高原チャレンジ基金、上山実代表理事)では、2017年度の事業募集をこのほど締め切りましたところ、神石高原町でのビジネスチャレンジ事業者(以下。「事業者」と称す)7社から総額13300万円の応募がありました。今後は、募集に応募した事業者に対して、選考を行ったうえで、資金的支援と伴走的支援を組み合わせた新しいタイプの支援を開始いたします。

 

【事業募集の経過】

20171125日より募集を開始。神石高原町で事業を検討している事業者に対して、3回の募集説明会を実施(12/12-13)。また数度の個別相談を経て、2018125日に募集を締め切りました。

井上義雄理事のコメント「山間地での高齢化が進む神石高原町だが、きっかけさえあればこの地域で

新しいビジネスチャレンジを巻き起こしたいという意欲に溢れる事業者が多数潜在していることが

よくわかった。実際に本当に応募があるのかと危惧もされていたが、想定していたよりも多くの方々から

ご応募いただき、うれしく思っている」

 

【支援案件の想定】

チャレンジ基金の支援先は、神石高原町にて事業展開を行い、神石高原地域の活性化に貢献する、「住民主役事業」として、創業もしくは新規事業立ち上げをされる事業者(法人もしくは、個人で当該事業を運営されることを検討されている事業者)を想定しており、具体的な事業領域は、以下の通りに想定しております。

1)地域の産業資源を活用したビジネスに関する事業

  ・あらゆる産業で地域内の資源を活用して事業を創出していくもの

2)地域、コミュニティーのにぎわいづくりに関する事業

  ・新しい地域・コミュニティーのにぎわいづくりに寄与するもの

申請上限額3000万円(1件当たり)

 

【今後の日程】

1次審査:201821日~20日(必要に応じて面談等の審査も実施)

2次審査:20182月中旬(非公開)

支援実施期間:20182月末日より随時

PR180201チャレンジ基金募集応募状況発表(告知)

 

【ニュースリリース】神石高原チャレンジ基金2017年度募集開始

PR171130チャレンジ基金募集要項記者発表(告知)

新しいタイプの地域に貢献する基金がビジネスチャレンジ事業者を募集開始
「神石高原チャレンジ基金」2017年度事業募集のご案内
~神石高原町地域で、ビジネスチャレンジする事業者を支援~

「一般財団法人 神石高原地域創造チャレンジ基金」(略称:神石高原チャレンジ基金、上山実代表理事)は、この度、2017年度の事業募集を開始しました。募集に応募した神石高原町でのビジネスチャレンジ事業者(以下。「事業者」と称す)に対して、選考を行ったうえで、資金的支援と伴走的支援を組み合わせた新しいタイプの支援を開始いたします。

【支援案件の想定】
チャレンジ基金の支援先は、神石高原町にて事業展開を行い、神石高原地域の活性化に貢献する、「住民主役事業」として、創業もしくは新規事業立ち上げをされる事業者を想定しており、具体的な事業領域は、以下の通りに想定しております。
1)地域の産業資源を活用したビジネスに関する事業
・あらゆる産業で地域内の資源を活用して事業を創出していくもの
2)地域、コミュニティーのにぎわいづくりに関する事業
・新しい地域・コミュニティーのにぎわいづくりに寄与するもの

【資金支援の対象】
法人もしくは、個人で当該事業を運営されることを検討されている事業者

【ご申請金額上限】
3,000万円(1件当たり)

【募集説明会】

120171212()14:00-

220171212()16:00-

320171213()10:00-

・会場は、いずれも神石高原町役場 2F3委員会室

・募集内容の説明と個別相談を行います。

※事前申し込み不要、直接会場にお越しください。

※なお、応募にあたり、募集説明会への参加は必須ではありません。

 

詳しくは、神石高原チャレンジ基金のHPをご覧ください。
http://jinseki-kikin.jp/2017/11/28/132/

<神石高原チャレンジ基金とは>

神石高原町地域における産業の振興をはかり、地域のにぎわいを創出することにより、当該地域の事業体の運営を支援し、当該地域が継続的なコミュニティーとして発展拡大に寄与することを目的に2017年設立。神石高原地域で新しいビジネスチャレンジを行う事業者に対して、資金的な資源提供を行うと同時に、伴走型支援と呼ぶ経営指導を一緒に実施していくことで、事業者の経営を安定化させると共に、自律的な運営を促すことで、新規事業者の参入を容易にしていくことを目指しています。少子高齢化と人口減少が進行した神石高原町であるからこそ、次代を担う人材の新しいチャレンジを応援することで新しい事業創造を図り、地域の活性化、にぎわい創出に繋げていく活動を進めてまいります。

 

【ニュース】神石高原チャレンジ基金2017年度の事業募集を開始

神石基金募集要項(最終版)

神石高原地域創造チャレンジ基金(以下、「チャレンジ基金」と称す)では、この度、神石高原町でのビジネスチャレンジ事業者(以下。「事業者」と称す)に対して、資金的支援と伴走的支援を組み合わせた新しいタイプの支援を開始いたします。つきましては、広く事業者に呼びかけて、この地域での経済的な活性化に寄与していきたいと考えます。

【支援案件の想定】チャレンジ基金の支援先は、神石高原町にて事業展開を行い、神石高原地域の活性化に貢献する、「住民主役事業」として、創業もしくは新規事業立ち上げをされる事業者を想定しており、具体的な事業領域は、以下の通りに想定しております。

1)地域の産業資源を活用したビジネスに関する事業

・あらゆる産業で地域内の資源を活用して事業を創出していくもの

2)地域、コミュニティーのにぎわいづくりに関する事業

・新しい地域・コミュニティーのにぎわいづくりに寄与するもの

 

【資金支援の対象】 チャレンジ基金の支援の対象は以下の通りです。

・法人もしくは、個人で当該事業を運営されることを検討されている事業者

・資金的支援+事業サポート支援を受け入れる事業者

◆ 支援対象の立地についての想定は以下の通りです。

・事業所が神石高原町内に所在。事業自体も神石高原町内で展開

・事業所は別の場所に所在。事業自体を神石高原町内で展開

・事業所は別の場所に所在。事業は神石高原町の地域資源を活用して展開

【資金供出スキームについて】

・資金供出スキームは以下のパターンを想定しております

・出資(優先株等による)

・私募債の引受(劣後私募債引き受け)

【ご申請金額上限】 3,000万円(1件当たり)

【応募と審査の時期について】

応募締め切り:2018年1月25日

第1次審査時期:2018年2月1日~20日(必要に応じて面談等の審査も実施)

支援実施期間:2018年2月末日より随時

【支援資金の償還について】

チャレンジ基金のからの資金的支援については、中長期的視野からご償還いただきます。これによって、将来、地域創造にチャレンジされる案件に再び資金支援を実行することが可能になり、資金が地域を巡り、社会的にも付加価値を生む循環を実現することをめざしております。(償還期間は案件毎に協議の上、決定いたします)

【募集説明会】

120171212()14:00-

220171212()16:00-

320171213()10:00-

・会場は、いずれも神石高原町役場 2F3委員会室

・募集内容の説明と個別相談を行います。

※事前申し込み不要、直接会場にお越しください。

※なお、応募にあたり、募集説明会への参加は必須ではありません。

【応募からの審査ステップ】

1)   チャレンジ基金のホームページ(次項に記載)からご応募いただきます。

2)   ご応募の通知を拝受いたしますと事務局から確認の上、必要書類等(次々項に記載)をご送付いただきます。

3)   その後、頂戴した資料にて書面審査(1次審査)を実施。

4)   ご通過いただいた皆様には、必要な場合は、面談等を行います。

5)   最終的にはチャレンジ基金の案件評価検討委員会における審査(2次審査)を実施して、採択実行決定いたします

 

【申込みフォームのアドレス:以下にアクセスいただきご送信ください】

https://pro.form-mailer.jp/fms/c87e41c3134669

【応募に際しての必要書類】

1)申請者が団体等の場合は、定款または規則の写し

2)申請者が個人の場合は、身分証明書および履歴書

3)応募される事業に関しての中期事業計画

事業のコンセプト

-事業の全体コンセプトおよび神石高原の地域創造に資するポイントは必ず記載ください

◆事業展開の将来計画

◆将来(5~10年程度)の事業の収支計画

◆資金支援部分の資金利用計画

 

【その他ご留意点】

・頂戴しました資料につきましては、ご返却いたしません

・ 審査結果については個別にメールにてご連絡させていただきます